香港の対岸、深圳(シンセン)のスタジアムに軍事車両

中国政府は着々と準備を進めている・・・

最悪の事態が起こる状況は揃って来てしまっている印象もあります。

今後事態がどう動くかは分かりませんが、観光目的の安易な渡航はお勧め致しません。

渡航先の変更等の検討も必要だと思います。

 

 


 

 

 

 


 

 

 

トランジットでも香港空港利用は注意が必要です!!


AIS SIM2Fly アジア24ヶ国利用可能 プリペイドSIMカード データ通信4GB 8日間

インド インドネシア オーストラリア カタール 韓国 カンボジア シンガポール スリランカ タイ 台湾 中国 日本 ネパール フィリピン ブルネイ ベトナム 香港 マカオ マレーシア ミャンマー  ※日本でも利用可能

主要旅行予約サイト一覧


【PR】東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF
【PR】格安ドメイン・ムームードメイン
【PR】大容量200GB~・月額800円(税抜)~!レンタルサーバー【ヘテムル】


更に混迷を深める香港。

断続的に香港空港は閉鎖されたりしていますが、トランジットでも利用が出来ず引き返したりする事例が出ている様です。

この夏休みの海外旅行では香港行も更には香港経由の便にも影響が出続ける可能性がありますので、既に航空チケットを持っている方もこれから購入予定の方も注意が必要だと思います。

現時点では収束の方向が見えませんので、今後の推移に注意したいと思います。

 

 


 

催涙ガスの対処法を調べてみた結果

twitterで香港騒動ネタが流れてきていて面白いと思ったのが催涙ガスに対する対処法

 

 

飛んできた催涙弾にガスマスクを着けた民衆が直ぐさま飛んできて、駐車禁止等の赤コーン(パイロン)を上から被せ水を掛けたり、水の入った袋に入れて効果を減少させていた。

なるほど!そんな事が可能なのか・・・

実際催涙スプレーなども浴びた事もないので考えた事も無かったが、戦術知識としては参考になる。

そうか、水に入れてしまえば煙になって拡散しづらく目や鼻や口に打撃を与える事ができなくなる訳か!?

面白い話だ。

少ししらべてみると・・・

催涙ガス 処理法

・ゴミバケツに大量の水を入れ、催涙スプレー缶を水底で完全に無くなるまで噴射する

とある、なるほどなるほど・・・

wiki 催涙剤

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%82%AC%E6%B6%99%E5%89%A4

中和剤などが必要な場合もあるが、とりあえず水に入れてしまえば最小限の飛散に留める事ができそうですね。

駅などで誰かが撒き散らしたりする事が日本でも起こったりするが、先ずは水で洗い流す事が有効かも知れませんね。

勉強になりました。

香港への渡航は引き続き注意が必要です。

ついに人民解放軍が香港に入る!!

ついに人民解放軍が香港に入った模様です。

今週末以降は事態が大きく動く可能性があると思います。

結局、中共は武力によって制圧し、第二の天安門化するのでしょうか?

このまま民主化の動きが本土まで派生する様には現状見えないので、単に事態が収束方向に行く可能性が高い様に思います。

今後の動きに注目です。

引き続き香港周辺への渡航は注意が必要です。

 


 

 

香港の騒動が更に進展している件

香港の騒動が更に進展してますね・・・

民主勢力に対して謎の組織が暴行を働く行為に出ていますね。

彼らが何者なのか?真相は分かりませんが・・・

中国本土の共産党からの刺客なのか?

単に香港の共産党寄りの暴力団なのか?

現時点ではハッキリしませんが、今後の香港情勢には注視が必要ですね。

また本土の民主化活動家達がどう動くのか?

第二の天安門事件にまで発展するのか?

はたまた本土まで民主化運動が広がるのか?

そして、習近平は今後どう動くのか?

どちらにしろ、香港への渡航は注意が必要だと思います。

 

デモ参加者襲撃、45人けが=謎の「白シャツ」集団-香港
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00000131-jij-cn